コーヒー屋 弘陽珈煎 店主のブログ

<< Pellucid(ペルシード)〜ブラジル・ミナスジェライス州 | main | ヤマシナサウンド フェス >>
養老の滝〜関が原

GW最終日は関ケ原ICで下り、

岐阜県養老郡の養老公園まで行きました。

駐車場も広くそして混んでもいない。

し、し、しかも、

「本日のみ駐車場無料」だとかで

のっけからめちゃくちゃお得感を感じました。

 

もすごーく広い敷地内には芝生や遊園地まであります。

また天命反転地というちょっと変わった施設があるこれもまた広いエリアがあるのでした。

ここは世界的に有名なアーティストで荒川修作氏という方の建築アートを

身体で直接体験できるエリアです。

小さな子どもが迷路を歩き進む感覚で

低い壁が幾重にも巡らされていたりするところを歩いたりだとか、

いかにも廃墟のようなところですが、

足もとを見るとキッチンや電話、ソファーなどの「生活の場」が閉じ込められていてドキッしてしまう建物だとか、

妙な入り口のある建物があって中は暗がりになっていたりして、

行きどまりかと思えば横に道があったり、

天井を見上げると不思議なことに...

日常なのか非日常なのかわけが分からなくなってきます。

20170513-1

 

 

養老の山々をバックに、

芝生があってのどかで空気が澄んでいて、

のびのび過ごせました。

養老の滝までは少々山道を歩てかなければなりませんが、

食後の後でちょういい感じの運動ができます。

20170512-3 20170512-2

 

 

滝を観た後は駐車場に戻り、

養老公園を後にしました。

最初ここへ来る途中、

ミツバチの郷さんの「はちみつかけ放題のソフトクリーム」の看板が目に入りました。

そろそろ3時だったのでグッドタイミング!

こちらではレジでソフトクリームを買求め、

それを持っていくつかのテーブルがある隣接の大部屋へ移動します。

そこには別お客さんグループがたくさんいらっしゃって、

賑わいどころか、

一生懸命にハチミツを掛けてる風景は人が密集している割にむしろ静かな空間でした。

私達も案内され早速テーブルに置かれた10種類以上のハチミツを

次から次へと順番に掛け楽しみました。

レモン、コーヒー、ゆず、ライチ、そば、黒蜜などなど...

驚くほどにどれもソフトクリームに合うのです。

ハチミツを掛けたらスプーンで上から崩すように食べ進めるのですが、

どこかのご婦人で、

左にソフトクリーム、右にハチミツの容器を持ったままそれを離さず、

ハチミツをかけてはソフトに直接口を付けて食べ、

またハチミツをかけてはソフトを食べるというふうに、

その1種類がたいそう気に入られた様子で、

それを横目で微笑ましく拝見していました。

ココのはちみつの郷さんはおすすめです。

また行きたいです。

ここだけのために行くのでも損はしないと思います。

20170512-4

 

 

 

いよいよ関ケ原ICです。

そろそろ帰ろうかと思ったのですが、

もう一つ、関ヶ原の鍾乳洞に立ち寄ることにしました。

こちらも人がそれほどいなく、

鍾乳洞へ入るには少々心さびしくもありました。

実際入ってみると、

鍾乳洞にライトが照らされていて

神秘で美しくエキゾチックなものとはほど遠く...

暗くさびしく肌寒い洞窟って感じですかね。

でもそれはそれで自然な感じで

良い意味でひんやりと。

色々な発見がありました。

20170512-1

 

 

 

鍾乳洞を出た後、再びICへと向かう途中、

「胡麻の郷」というテーマパーク兼お土産屋さんへ寄りました。

胡麻の効用をおしえてくれるミュージアムになっているみたいで、

胡麻関係の資料や食べ物がたくさんありました。

ゴマの魅力をこれでもかというくらいに教わりました。

関ヶ原だけでこんなに充実できるとは...

一日中楽しい時間が過ごせました。

20170512-5

| 店主 | 日々 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://coffeebrake.coyo-kosen.jp/trackback/1174372
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE